腰痛を改善していくには正しい姿勢と腹筋が大事

ヘルニアなどになるほどでもないものの、しょっちゅう腰痛には悩まされてきました。どこの整体に行っても腰が悪いことを指摘され、いつ腰を壊してもおかしくないと言われたことさえあります。なぜこんなに腰が悪いかというと、長年の販売業の為高いヒールで立っていることが多いことと、姿勢を良くしなきゃと思って変に力が入ってしまい、腰が反っていたことが原因です。病気ではないとはいえ、腰痛持ちはどうしても気になります。とある整体で、姿勢を良くしたいなら背中を反るのではなく腹筋に力をいれるようアドバイスしてくれました。すぐにでも実行しようとしましたが、今まで背中にばかり力が入っていたので腹筋に思うように力が入らないことに愕然としました。腹筋に力が入らないのでは、そのうちお腹がポッコリでてしまうのではないかという不安も手伝って腹筋を鍛えることにしました。縦にうっすら筋が入る程度に腹筋を鍛えたところ、腹筋を意識して姿勢を保つ感覚がよくつかめるようになりました。それからは高いヒールをはいていてもうまく綺麗に歩ける気がします。また、普段から腰が固くならないように意識してストレッチしています。腰とひざはつながっていると聞いたことがあるので腰とともにひざも冷やさないように気を付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です