初めての本格的な腰痛は準備運動無き急な運動から

本格的な腰痛への対処方法

koshinoitami

これまでの人生で腰痛という言葉とはとんと無縁の生活を送って来た私だったのですが、つい先日、とんだトラブルで腰痛の辛さを嫌という程味わう羽目となりました。
その日は休日で朝からこれといった予定も無く、しばらく身体を動かしていなかった事もあり、午前の比較的空いた時間帯を利用して近隣にあるバッティングセンターに出掛けたのです。ただバッティングで汗をかくのが目的では無く、その日は併設されているピッチングゲーム・ストラックアウトでビンゴ達成と自己スピード記録の更新を狙うのがメインの目的でした。
身体を動かすとはいえあくまでゲーム。そんな緩んだ気持ちが生んでしまったトラブルかも知れません。ピッチングケージに入りろくに準備運動やストレッチもしないままに思い切り投球した3球目、その瞬間鋭い痛みが腰に走り、直後激しい腰痛と脱力感で歩く事も苦しい様な状態になってしまったのです。
これはさすがにマズイ状態である事を察し速やかに帰宅。翌日の午前中に近所の整形外科を受診した結果、当初の予想通り、典型的なぎっくり腰である事が判明したのです。湿布や鎮痛剤を処方され、少なくとも腰の痛みが引く1週間程は絶対安静を約束され、不便な生活が始まったのです。
最初の3日間は酷い腰痛で中々腰を左右に捻る事も出来ず、家事もままならない他、仕事先でも何とか上司にお願いしてデスクワークに専念させてもらうより他ありませんでした。5日程経ってようやく腰痛も引き、ある程度は腰の自由が生まれたのですが、それでも不意に腰を曲げると強い痛みが走り、思わず顔を歪めてしまいます。
結局完全に腰痛が引いたのは最初のトラブルから3週間以上経過してからの事でした。どんなに自由に腰を動かしても痛みが出ない解放感をようやく味わい、いかに腰を痛める事が身体に辛いことかを改めて実感したのです。
事前のストレッチや準備運動を伴わない急激な腰の捻りや回転は予期せぬ腰痛の原因となってしまうもの。今後も十分に気を付けたいところです。

腰痛に関する事・湿布の選び方

皆さんは、腰痛というと何を思い浮かべるでしょうか?多くの方は腰の痛みを答える人が大半だと思います。なので、単に痛いだけでそのうち治るからいいなど軽く考えてる人も少なくないと思います。ですが、腰痛にはいろいろな種類があるので注意が必要です。
まずは、腰痛になりやすい人から説明していきたいと思います。仕事柄重い荷物を手で運搬や持ち上げる作業が多い人・長時間同じ姿勢や座り続けることが多い人、これが現在腰痛で多くの人が悩んでいる原因です。また、意外に知られていないのがクセからくる腰痛です。椅子に座るときに足をくむ・いつも同じ肩にバックをかける等も原因と考えられています。他には、肥満体型の人やお腹が出ている人・歩くのが嫌い・柔らかい布団でいつも寝ている人などもあります。
次に腰痛の種類について説明していきたいと思います。多くの人が聞いたことがあるのが、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアだと思います。ぎっくり腰は、「急性腰痛」や「椎間板捻挫」ともいい、いきなり強烈な痛みが腰に走るのが特徴です。主な原因の一つとして「筋肉疲労」があげられます。筋肉の慢性的な疲労により蓄積していたものが急激に表れた症状です。椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰が症状名なのに対してこちらは病気名です。同じ腰痛でもメカニズムが大きく異なります。腰椎椎間板が突き出すことで、脊髄中枢神経や末梢神経を圧迫することで起こる腰痛です。主な症状として、先ほどのぎっくり腰と同様に痛みを伴いますが、痺れもあるということが大きく違うところです。椎間板ヘルニアに関しては病気の一種なので少しでも当てはまるようならすぐに専門医に相談をおすすめします。
次に湿布の選び方について説明したいと思います。腰痛おきた時、市販の湿布等で応急処置をする方は少なくないのでしょうか?適当に貼ると、症状を悪化させる原因にもなります。なのできちんと症状にあった湿布を選びたいところです。ですが、湿布には大きく分けて2種類あります。冷湿布と温湿布です。冷湿布は、急性の痛み「ぎっくり腰」や「捻挫」などに効果的です。温湿布は、慢性的な痛み「腰痛」や「肩こり」などに効果的です。なので、自分がどの痛みなのか把握してから購入をおススメします。ですが、あまり我慢をせず腰痛で悩むようなら早めに病院に行くの一番のおススメです。

腰痛の痛みは本当に腰?

mat

特にデスクワークや力仕事をしていないのに、腰が痛くなる事がありますよね。姿勢の問題などもあると思いますが、毎日、常に腰が痛いのは生活にも支障が出ますし、がんばろうという気持ちが失せてきます。

また、腰の痛みをかばっていると他の箇所も痛くなったり散々です。特に病気でない場合は、腰をマッサージしても緩和されない時は太ももやふくらはぎなどもマッサージしてみてください。足で血流が滞っている場合、足からのだるさで腰の痛みと錯覚することもあります。

足のマッサージの仕方は、マッサージ器があるとかなり重宝します。足を乗せてテレビを見ていればよいだけで、気持ちのよさに眠ってしまいます。腰痛には布団やマットレスが効果的とはよく言われていますが、長く歩いたり、立ち仕事をしたわけでもないのに足は毎日負担がかかっています。

また女性は冷え性の方も多く、冷えがの症状が強すぎて凝りには気づかずにいます。凝りは血液が滞った状態なので冷えの原因になります。そして足の凝りは腰痛をも起こしてしまいます。もし、セルフマッサージで腰痛が治らない場合、太ももの裏、ふくらはぎのマッサージをやってみてください。

腰痛の原因は他にもあります。お腹の凝りです。お腹も凝るのかと疑問に思われるかもしれませんが、お腹も凝ります。猫背の方は、頭が前に倒れ、常にお腹に力を入れた状態になっています。なので、お腹に負担がかかり凝ってしまいます。

すると、腰痛のような痛みを感じ、いくら腰をマッサージしてもスッキリしない事になります。お腹をマッサージする時は、湯船の中が一番良いです。お腹を温めながら、ゆっくり気持ち良い程度に手のひらでお腹の凝りを感じてください。

ふわふわだと思っていたお腹に硬くなった部分があります。その部分はゆっくりマッサージすると次第にお腹がふわふわになります。もし、この方法で腰痛が改善されればお腹の凝りが原因だったのかもしれません。腰痛は腰だけではな
く、他の部位をマッサージする事で改善される事があります。自分がどこの部位が凝っているのか把握するのが必要です。

情報提供サイト⇒腰痛マットレスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です