日々の生活を少し意識するだけで腰痛は治せる!

私は2年間接客業を行っている間に腰痛持ちになってしまいました。
その2年間、朝7時から夜の20時までずっと立ったままでの接客業をしていました。
また、重い荷物を運んだりもしていたので、2年間たまりにたまって腰痛になったのだと思います。また、私の場合は特に、整骨院の方に言われたのですが、生まれつき背骨についているはずの骨が一つついていないので、腰痛になりやすいとも言われました。

途中からはコルセットがないと仕事ができないような状態まで陥ってしまいました。
そこで、ある整体に行った時ですが、先生に言われたことが私の人生を変えました。
無理に、バキバキ整体をして体を治しても、それは一時的な治療でしかなく、また悪くなり、また整体に戻るの繰り返しになります。
なので、日々の生活で、腰痛になる原因を取り除く必要があるということでした。
そこで教えていただいたのが、筋肉の使い方です。男性は特に筋肉に頼って動作を行うので、筋肉の使い方が下手で腰痛になりやすいと聞きました。

例えば、朝顔を洗う時ですが、立ったまま腰を曲げて顔を洗ってしまうと、これは腰に悪い動作です。なので、顔を洗うときは膝を曲げて腰の筋肉が自然に伸びるようにします。そうすることでクッションが働き、筋肉の負担が減るとのことでした。こんな小さなポイントを注意するだけで腰痛が治るとは思いもしませんでしたし、また、こんな小さなことの積み重ねが腰痛を引き起こしているのだと知って驚きました。
また、社会人は必ずと言っていいほど、ビジネスバッグを持っています。
パソコンや書類が入っていてとても重いです。たいていの人は右利きなので、右手でその重いバッグを持ち運びすることだと思います。

しかし、これも、ずっと右腕や右肩に負荷をかけると、骨が歪み、体の左右のバランスがずれて腰痛になるのだと言います。なので、右手で持っていたのと同じ時間左手にも持ち替えて持たないといけないとのことでした。同じ時間同じ量の負荷をかけることで少しでも左右のバランスを整えることが重要だと聞きました。
また、手でもつバッグではなく、リュックサックにしてしまえば、両肩に均等に負荷がかかるので、腰への負担はとても少ないのだと知り、それからはリュックに変えました。

主婦の方も、スーパーに買い出しに行かれると思いますが、重い食材を運んで帰るときは、両腕に同じように負荷をかけるようにするか、いっそリュックで背負って帰るのが良いと思います。他にも、ずっと立っているとき、人間は利き足に体重をかけがちですが、それも左右のバランスのズレを生じさせます。椅子に座っているときに足を組む時も一緒です。こうした左右のバランスを悪くしてしまう動作を生活から排除することで、体のバランスが整い、腰痛の原因をなくすことができるのです。私も今腰痛の無い素晴らしい生活を送れているのも日々の生活態度を改めたおかげです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です